株式会社 わき

  〒892−0836 鹿児島県鹿児島市錦江町2−27 
  Tel 099−226−5030 Fax 099−223−1906 

   
   

 「ブルーベリー酢」と「さつまゴールドキンカン酢」は鹿児島の福山酢とのコラボです。 

 昭和43年以来建設関連事業を中心に、やってまいりましたが、昭和52年に創業者の脇康秀は「いつかは、土
 の時代になるそして、人々の健康にも良い物を育てて行こう」との決意のもと農生産物を耕作するために、様々
 土地を捜していました中でご縁が有りました霧島の地に土地を譲り受けました、そこに鹿児島大学農学部の伊藤
 先生のご紹介で、当時鹿児島市と米国フロリダ州のマイヤミ市が姉妹都市になった関係で「ブルーベリー」の苗
 木と果実に出会いました、「なんと愛らしい実」であるのか!!「一目ぼれ」しました、まだ国内で良く知られ
 ていなかった「ブルーベリー」でしたが、色々と先生の研究したお話を聞くうちに、大自然の霧島の地に作付が
 適しているということに気づき、早速手に入れた苗木を植えましたが当初は「雑草」が多い土地でした。
  
 しかし、「完全無農薬」で育てよう!!との思いから雑草との戦いの日々が続きましたが、失敗の連続でした。
 ようやくブルーベリーの果実が実ったのは、最初の作付後5年〜6年経ての事でした。更に有名な「福山酢」
 に、じっくり時間をかけて漬けこみ出来あがったのが、「ペリー酢」です。
  
 前述の通り「福山酢」はブランドとしても全国的に脚光を浴びていますが、薩摩川内市入来町で育てたところの
 完熟キンカンもじっくりと、「福山酢」に漬けこみ「さつまゴールドキンカン酢」として発売しました。
 キンカンはビタミンC、B、βカロチン、カルシウム等を多く含み、美容、風邪の回復等に役だってます。

 今やテレビ等のPRで有名になったブルーベリー、「視力改善効果」が有ると言われ
 成分の「アントシアニン」が豊富に含まれています、でももっともっと大切な成分が
 有ります、ビタミンA、C、Eやカリウム、βカロテン、ポリフェノールは健康作り
 に大活躍します。ベリー系果実は尿路感染症に効果が有り、膀胱炎等の治療や
 予防に効果的です、又、抗酸化力が強いといわれています、野菜・果物、一食
 当りで最も抗酸化作用が強いという研究もあります。※ウィキぺディアより抜粋
  
 若返り効果、人体が酸化して発生する病の予防に良いと云われています。
 一般的に「お酢」って飲みにくい・・・って思っていらしゃる方が多いですが、実は
 とても、爽やかでフルーティーです、自然のままに一切の農薬や化学物質を
 使用していませんがブルーベリーと福山産のお酢が、見事にハーモニーしてます。
  
 素材のブルーベリーは自社農園で栽培したものだけです、たとえ足りなくなっても
 輸入や仕入れは一切していません。
  
 ※約5倍に薄めて、めしあがり下さい。
 使用している「福山酢」は鹿児島県霧島市福山で製造されている「黒酢」です。
 屋外に並べた壺の中で自然発酵・熟成させる昔ながらの方法で製造され、健康食品
 として注目されています。福山地方は桜島の錦江湾沿いにあり、周年温暖な気候で
 黒酢作りに適した場所です、当社のブルーベリー酢とキンカン酢は全て福山黒酢で
 じっくりと時間をかけて作られています。
  
 写真は2年間熟成した福山黒酢、何もかもが手作りで自然なものばかりです。
 キンカンといえば、「虫さされ、かゆみ、肩コリ、腰痛、捻挫」などに効く外用薬
 として日本人には、なじみが深いですが、実は果実に沢山のビタミンC、それを
 助ける「ヘスペリジン」も含んでいて、ノドの渇きを癒し、風邪をひいた時には大変
 重宝されています、「キンカン漬」で鹿児島では、一般的に食卓に日常置かれて
 いました、南国宮崎県と共に鹿児島も名産となっています。
  
 ★ 特に女性のお肌に潤いと美容を!!お勧めです。
 「さつまゴールドきんかん酢」は薩摩川内市入来町で、南国の太陽を一杯浴びて
 完熟したキンカンを、福山黒酢にじっくりと漬けこんで出来たものです。
  
 牛乳で割るとヨーグルト風味になりますし、炭酸で割るとキンカンソーダ、焼酎
 で割ったら翌日「二日酔い」などしなくてすむ事も有ります。
  
 キンカンを有機農法で育成していますから、安心安全ですので是非お召し上がりくだ
 さい。 ※約5倍に薄めて、めしあがり下さい。
 沿革
 昭和43年11月 鹿児島市上荒田町にて(有)ドライブイット脇商会設立
 昭和48年12月 鹿児島市天保山へ本店移転
 昭和54年7月  鹿児島市錦江町2番27号に移転現在に至る
 資本金1000万円
 系列グループ会社 生き甲斐センター 霧の里

商品一覧に戻る