有限会社 鹿児島ますや

  〒899-5432 鹿児島県姶良市宮島町 29−3 
  Tel 0120-66-4186 Fax 0995-67-0904 

   
   

 「子供のアトピーを治したい」―その原動力が、100%無添加の商品を生み出しました 

 「自分の子どもに安心して食べさせたい」―主宰・米増昭尚さんが、鹿児島ますやを立ち上げるきっかけに
 なった出来事があります。
 一番上のお子さまが産まれた時、アレルギー体質を持っていたのです。
 現代の子供たちに多いとされるアトピー性皮膚炎。
 思いもよらない現実にショックを受けたそうです。  一刻も早く治してあげたいと思うのが親としての心情。
 原因を突き止めると、私達を取り巻く食生活に大きな問題がある事が分かりました。
 多くの販売店に並んでいる食品のほとんどに入っている添加物が、アレルギーの元凶だと分かったのです。
 米増さんが第一に考えたのが、添加物を一切加えない食品作りでした。
 まずは添加物について勉強し添加物の代用として天然の調味料を厳選。
 結果、素材の味が最大限に活かされた、安心で安全な食品が出来上がりました。
 市販のハム・ソーセージにたっぷり入っている添加物でさえ、鹿児島ますやの商品には一切入っていません。
 こうして無添加の食品を食べさせ続けた結果、お子さまのアトピーも自然と消えたそうです。
 美味しくて体にいいものを食べる―アレルギーに悩む子供たちだけでなく、食の質を追求する大人達にも、
 鹿児島ますやのポリシーは支持されているのです。

 一般的なハム・ソーセージ類は原料コストを下げるため、増量剤や豚以外の肉を足す
 などして水増ししているのが現状。
 これが世界一高いと揶揄される日本の人件費を支えている皮肉な現実でもあります。
 鹿児島ますやが作るハム・ソーセージ類は、原料コストが高く、利益もあまり出ない
 との事。
 それでも完全無添加に、こだわり続けるのは、職人として、そして子を持つ親として
 のプライドがあるからなのです。
  
 鹿児島は、言わずと知れた黒豚の産地。
 全国に胸を張って自慢できる名産品です。
 米増さんは、鹿児島大学農学部でノウハウを学んだ畜産のプロ。
 彼の確かな目で選んだ黒豚は脂肪の質も最高級。
 豚肉ってこんなに柔らかかったんだ!と感動するほど、目から鱗の肉質なのです。
 写真手前のしゃぶ肉は薄〜く切った後、瞬間高速冷凍。
 お肉の風味をキープするから、新鮮さもケタ違いなのです。
 ササッとお鍋にくぐらせて、黒豚の真髄をとくと味わってみて下さい。
 ピンクの肉色がとっても鮮やか!鹿児島ますや厳選の「さつま地鶏のタタキ」です。
 これだけ生に近くても安心して食べられるのは、鮮度の高さと優れた肉質のおかげ。
 ポン酢を軽くつけていただくと、程よく脂の乗ったお肉がポン酢のさっぱり感で中和
 され、甘めの醤油が苦手な方でも、パクパク食べられます。
 そうそう、隣に焼酎を添えてこそ「準備万端」整いました ですよ!
 姶良町に店舗を構えるナチュラルフーズ『子の夢(このむ)』。
 素敵なネーミングの店内には、鹿児島ますや手作りの商品をはじめ、米増さんが全国
 から集めた無添加製品も多数販売されています。
 無添加の商品を作っていると、調味料も自然と『無添加』のものを選んでしまう」と
 米増さん。
 添加物のデメリットを、知り尽くしてるからこそ、調味料選びにも人一倍気を遣う
 のです。
 木材を生かした、ナチュラルで温かな子の夢店内。  心もほっこりしちゃいます。
  
 子供の健やかな成長を見守る親御さんから、食生活の乱れがちなお勤めの方まで、
 安心で安全な食品を求めるお客さん達のニーズに応えています。
 ますやブランドの商品を一度口にすると、添加物たっぷりの市販品は控えようかな、
 と考えさせられてしまいます。

商品一覧に戻る